はじめに(おことわり)

このページは物書き志望の人間が書き連ねるグダグダとした戯言が載っている無益なページです。

なので、タイトルにつられてやってきてしまった以下のような方にはお詫び申し上げます。

・おいしい焼き鳥店を探している美食家(グルメ)な方々
・今晩のおかずにおいしい焼き鳥の作り方を探している主婦/主夫の方々
・無用な争いを好み、SNS等での飯テロ用の食欲そそる焼き鳥画像をお探しの方々
・一に焼き鳥、二に焼き鳥、三四が無くて、五に焼き鳥な、焼き鳥マニアの方々

2015年01月22日

ラジオ

雨がしとしとと降り、とても寒いです。
こんな日にミニスカートの女子高生を見つけると、
彼女たちは命を賭してそのミニスカートを吐いているのだなぁ、まさに侍道!と感心する僕です。
こんにちわ、焼き鳥です。

最近よくこの言葉を耳にします「ユーチューバ―」。
その前は「ブロガー」がなんて言葉も聞きましたね。
なんでもいいんですけど、この語尾を伸ばす感じって妙に耳に残りますよね。
昔でいう「アムラー」「シノラー」「ヤマンバー」とかでしょうか(一部違うし古い)

話を元に戻しますと、Youtubeとかブログで有名になっている人は、いわゆるウェブの世界で人気を博している人で、いかに今の人たちの生活圏にウェブ媒体が欠かせないかということを如実に表していると思います。

でも、焼き鳥さんくらいの世代になると、青春時代を過ごした時に常に近くにあったのは「ラジオ」です。
そこに対応するユーチューバ―的な言葉で言うと「はがき職人」でしょうか。

青春時代にはよく夜に勉強をしながら、ラジオを放送局の周波数にチューニングしつつ聞いていました。
メインは文化放送やTBSラジオといったAMです。
FMラジオは、イメージでお洒落な人間が聞くものだという固定観念に捕らわれていたので、非オシャレな僕は断固として聞くことはなかったです。

ラジオと一言にいっても様々な番組があり、その中でも特に聞いていたのは
予想通りというべきか声優さんがやっているラジオでした。
面白おかしい話を聞きつつ、勉強の合間にくすりと笑うのが何よりの楽しみでした。

あの時聞いていたラジオの番組で、今でも残っているのは伊集院光さんの番組くらいですかね。
それだけの時間が経ったのだな、と思うのと同時、今でも多くの人に愛される馬鹿らしい番組があるのはとても素敵なことだと思います。

本当は「はがき職人」についてちょっと語ろうと思いましたが、それはまた明日にでも伸ばそうと思います。まる。
(ネタの枯渇による、露骨な引き伸ばし作戦)
| ラジオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする