はじめに(おことわり)

このページは物書き志望の人間が書き連ねるグダグダとした戯言が載っている無益なページです。

なので、タイトルにつられてやってきてしまった以下のような方にはお詫び申し上げます。

・おいしい焼き鳥店を探している美食家(グルメ)な方々
・今晩のおかずにおいしい焼き鳥の作り方を探している主婦/主夫の方々
・無用な争いを好み、SNS等での飯テロ用の食欲そそる焼き鳥画像をお探しの方々
・一に焼き鳥、二に焼き鳥、三四が無くて、五に焼き鳥な、焼き鳥マニアの方々

2015年01月23日

らじお2

天気予報をしっかり調べ、今にも雨が降りそうな曇り空に
万難を排して洗濯物を室内干しにしてきたのに、
昼前には晴天が広がっていて絶望している焼き鳥です。こんにちは。

昨日に引き続き、ラジオの話題を。
ラジオを聞いている人は分かると思いますが、ラジオには投稿コーナーなどがあり、そこに投稿する人たちのことを「はがき職人」と呼んでいました。

今はメールなどの受付もあるのかもしれませんし、
そうすると「はがき職人」という名称ももしかしたら廃れてしまっているかもしれませんね。

とまれ、焼き鳥さんの青春時代であるXX年前くらいには
まだはがき職人さんが健在していたのです。
特に常連のはがき職人さんともなると、その有名税たるや、公開録音等でスターになれるほどです。

そんなことを思い出しながらふと思ったのですが、
ネタ系のコーナーなどに投稿するのって、ちょっと執筆に似ていたりしませんか?

どうやって相手を笑わせてやろう
どういう風に展開したら採用してもらえるだろう?
何が面白いんだろう?

こんなことを云々と唸りながらはがきに身命を賭して臨む!とかまさにワナビそのものです。
さらに小説の公募が最初の関門を通過して名前が載っているのに狂喜乱舞するように、ネタも名前が呼ばれると喜びに震えますよね。

焼き鳥さんも昔はいわゆるはがき職人で名を馳せていたので
その頃から、そういったネタを書いたり、誰かを笑わせたりとかするのが
好きだったりするのかもしれません。

まだまだ話のネタはありますが、それはいつか。ではでは。


| ラジオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。