はじめに(おことわり)

このページは物書き志望の人間が書き連ねるグダグダとした戯言が載っている無益なページです。

なので、タイトルにつられてやってきてしまった以下のような方にはお詫び申し上げます。

・おいしい焼き鳥店を探している美食家(グルメ)な方々
・今晩のおかずにおいしい焼き鳥の作り方を探している主婦/主夫の方々
・無用な争いを好み、SNS等での飯テロ用の食欲そそる焼き鳥画像をお探しの方々
・一に焼き鳥、二に焼き鳥、三四が無くて、五に焼き鳥な、焼き鳥マニアの方々

2015年01月28日

ファッション

家ではパーカー&ジャージという姿で年中ごろごろしている焼き鳥さんです。
はろーはろー。

執筆をするうえで、登場人物の容姿を説明したりするシーンがあったりしますが、焼き鳥さんはこれが苦手です。
特に、「ファッション」については大の苦手分野です。

そもそも家でジャージ姿でうろうろしている人間がオシャレに詳しいわけないんですよ!
ファンタジー物とかなら、なんとなく麻の服でも着せておきゃいいじゃねぇか(暴言)とかできますけど、現代ものばかり書いている人間としてはここが避けて通れません。

ファッションの何が難しいって、その年代とか、性格的なものによって着る服装がまるで違うし、オシャレと定義されるようなファッションが毎年変わること。あれだけ世間を席巻した縦巻きロールなんて今じゃどこでも見かけませんよ(嘘情報)!

それだけでも頭が痛いのに、用語がチンプンカンプンです。
だいたい同じものが、なんで名称が変わるのか焼き鳥さんはさっぱりです。
前はパンツと言えばおパンティーだったのに、いまじゃズボンのことを指したり、股引がスパッツとかレギンスとか言われたり、カツラがヘルメットとか帽子とか!そんなことにまで頭を悩ませなければいけないのが苦悩なのです。

あと、そもそもなんて呼ぶのかすら不明な小道具も多くて、頭の中にその物のイメージはあるのに名前を知らず、検索もしようがないとかも多々あります。

知り合いの作品を読んだりすると、そういったところがきちんと描写されており感銘をうけ、自分もきちんと勉強しなきゃいけないなぁーと思いつつも、まぁとりあえずシャツって書いておけばいいだろう(ぶん投げ)で済ませているだめな鳥がこちらになります。

道のりはまだまだ長いようです。


| 執筆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。