はじめに(おことわり)

このページは物書き志望の人間が書き連ねるグダグダとした戯言が載っている無益なページです。

なので、タイトルにつられてやってきてしまった以下のような方にはお詫び申し上げます。

・おいしい焼き鳥店を探している美食家(グルメ)な方々
・今晩のおかずにおいしい焼き鳥の作り方を探している主婦/主夫の方々
・無用な争いを好み、SNS等での飯テロ用の食欲そそる焼き鳥画像をお探しの方々
・一に焼き鳥、二に焼き鳥、三四が無くて、五に焼き鳥な、焼き鳥マニアの方々

2015年03月01日

薬を飲まず

ぶえっくしょい、うー、誰かがアチキのことを噂してやがるな、畜生めぃ。もてる鳥は辛いぜ。さて、どこの精肉店の鳥さんかな。

という意味不明な冒頭でお目汚し失礼します、僕です。
意味不明と書いておいてなんですが、今回の内容はくしゃみにも関係があることです。

金曜日に会社の方々が噂していたのを耳にしました。皆さん暗い面持ちで、心なしか声も沈んで聞こえます。
「いよいよ今年もあいつがやってきた」
「俺なんてもう一月からあいつにやられているぜ」
「いやぁぁぁぁ、やめてぇぇぇぇ!」
「くっ、殺せっ!」

なんか違う言葉も混じりましたが気にしません。

皆さんが戦々恐々と言っているアレとは「花粉です」。どうやらついに花粉の攻撃を受け始める方が出てきたようで、敏感な人は一月から既に薬を飲み始めているようです。

花粉が飛び始めると頭は痛くなるは、目はかゆくなるは、鼻水は止まらないわ、くしゃみがとまらないわで大変ですよね。焼き鳥さんも以前はそうでした。

……以前?

そう、ここ2年ほど焼き鳥さんはあれほど辛かった花粉症の症状がほとんどでなくなったのです。昨年に至っては市販の飲み薬を買ったものの、結局飲まないで終了してしまいました。
別に人体を改造をしたとかそういうことはないんです。

焼き鳥さんが実践していたのは3年前から花粉が飛び始める時期になると「甜茶」を飲むようにしているのです。以前「花粉が酷い人は甜茶で体質改善を!」という胡散臭い記事を読み、「そんなんで治ったら医者はいらねーんだよ、べらぼうめ!」と悪態をついていたのですが、これが見事に嵌ったようです。これ、甘くって紅茶みたいでとても美味しいので、飲み続けることはまるで苦になりません。普通に薬局なんかでも売っていて手に入りやすいのも好評価です。

確かに薬を飲めばいっぱつでOKなのですが、仕事中にぼうっとしてしまいますし、なるべくならそういうものに頼らず体質改善できるのならそっちの方が良いですよね。

そんな訳で花粉が飛び始めたらしいので、僕は久々に甜茶タイムに入ろうと思います。
ではでは。
| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする