はじめに(おことわり)

このページは物書き志望の人間が書き連ねるグダグダとした戯言が載っている無益なページです。

なので、タイトルにつられてやってきてしまった以下のような方にはお詫び申し上げます。

・おいしい焼き鳥店を探している美食家(グルメ)な方々
・今晩のおかずにおいしい焼き鳥の作り方を探している主婦/主夫の方々
・無用な争いを好み、SNS等での飯テロ用の食欲そそる焼き鳥画像をお探しの方々
・一に焼き鳥、二に焼き鳥、三四が無くて、五に焼き鳥な、焼き鳥マニアの方々

2015年03月05日

心地よい声 その2

週中に「あああああああ、ブログのネタが無いよ、どら○も〜ん」という事態を打破すべく一気に記事を書き溜めようという僕です、こんにちは。

古本新之助さんのラジオについて書きましたが、その「ちゃぱらすかWOO」の番組の中で「ちゃぱらっちOPEN」というアイドル発掘プロジェクトのコーナーがありました。

毎週候補生の方が2名登場し、月〜水に自己紹介や色んなコーナーにチャレンジして、木曜日の夕方にはスタジオアルタ(あの笑っていいともをやっていた!)で公開録音で結果発表をする、というものです。

焼き鳥さんはその中でデビューを見事果たした渡邉由紀さんという方を結構気に入っておりました。
(おっさん鳥の嗜好なんて聞いてねぇんだよ、なに恥ずかしい思い出暴露してるんだよ、というヤジが聞こえます。無視します。全力で!)

後に声優デビューまで果たして活躍された彼女ですが、現在は残念ながら引退されて、お子様もいらっしゃる素敵な家庭を支える主婦として活躍されております。

声優デビューした頃はいくつかのラジオをやっていたので、もちろん焼き鳥さんはそれも聞いていたのですが、彼女の声質は古本さんとはまた違ってとても心地よいのです。透明感とか清涼感のある声は、当時ははまっていたのもありますが、今聞いても凄く心地が良いです。なぜ引っ越しの時にデータを破棄してしまったのか、血涙ものです。

彼女は特に同い年だったということもあるので、(明かされる焼き鳥さんの生まれ年!でも誰も興味がない!)そんな彼女がまだ十代なのにプロの世界に挑戦して、夢を追いかける姿というのはかなり僕の人生に大きな影響を与えてくれたことは本当に感謝しかありません。

たまたまそんなことを思いふとネットの海を彷徨っていたら、現在でも声優として活躍されている鈴村健一さんとやっていた「Voice crew」の罰ゲームの動画がネットにあることを発見し、なんともいえない懐かしさに一人夜中に「んふふふふふふ!」と気味の悪い声を出して悶えてました。(ホラー)

2回にわたってそんな好きな声優さん(元声優さんたち)の話を書きましたが、どちらも今はその生の声を聞くことが出来ないのが残念ですね。

その流れでふと思ったことがあるので、後1回この話題については書こうと思います。
ではでは。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。