はじめに(おことわり)

このページは物書き志望の人間が書き連ねるグダグダとした戯言が載っている無益なページです。

なので、タイトルにつられてやってきてしまった以下のような方にはお詫び申し上げます。

・おいしい焼き鳥店を探している美食家(グルメ)な方々
・今晩のおかずにおいしい焼き鳥の作り方を探している主婦/主夫の方々
・無用な争いを好み、SNS等での飯テロ用の食欲そそる焼き鳥画像をお探しの方々
・一に焼き鳥、二に焼き鳥、三四が無くて、五に焼き鳥な、焼き鳥マニアの方々

2015年03月06日

夢の1つ

まさかまたラジオの話題で露骨に引き伸ばし記事を量産することになるとは思いませんでした。僕ってなんて狡猾!素敵!(幻聴)こんにちは、僕です。

ここ2日ラジオの話題で好きな方のお話をして、ふと思ったことがあります。
「ラジオって自分で作ったらどれくらいするもんなんだろう?」

勿論キー局みたいな大きなところでは難しいでしょう。でも、今ではネットラジオも普及しておりますし、そういう番組を手軽には作れるようになっているはず。だいたいモノづくりにおいては、有川浩先生の「シアター」で述べれている「大人の本気をなめんじゃねえ」というシーンにもあるように、大人がそこそこ頑張れば色んなことが出来ると思うのです。

調べてみると、意外とあります。自分のラジオを作る。地方のFM局とかがやってるのも目立ちますね。
相場はピンキリですが、「数万円」で週一回/月額なんてのもあります。ネットラジオで有名なところだともっと高いかもしれませんね。これに出演者の方のギャラがプラスされれば、理論上はラジオ番組を作ることができるということです。

別に僕自身が喋りたい、というわけではないのですが、執筆して賞を取って本を出したいというのが昔からの夢であると同時、最近夢に思うのが「自分の聴きたいラジオ番組を作りたい」ということです。

さらに細かく言えば「自分の青春時代を彩った、古本新之助さんと渡邉由紀さんのフリートーク番組を作りたい」ということになるのですが、それはハードル高そうですね。だって一人は既に一般の方ですし。笑

でも実現したらすっごい楽しくってパソコンとかラジオにかぶりついて聞いちゃうんだろうなぁ、というのが容易に想像できます。昔そのラジオを通じて交流があった人たちとも繋がりが復活するかも、とか。創作にも刺激がとってもありそう。

それにラジオの放送作家とか、制作部門に回ってそんな現場に立ち会えたら楽しいだろうなぁ、という夢想が広がります。賞金とかとって、本が出せたらいつかそれも熱意次第では叶うんじゃないか、と思うだけで熱意がメラメラと……なんて現金ななんでしょう。

そんな妄想ですけど、ラジオ制作に死ぬまでに1度くらいは関わってみたいなぁと思う焼き鳥さんでした。
その為にも、今手掛けている作品をきちんと完成させて、より良いものにまずはするところから始めようと思います。

ではでは。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。