はじめに(おことわり)

このページは物書き志望の人間が書き連ねるグダグダとした戯言が載っている無益なページです。

なので、タイトルにつられてやってきてしまった以下のような方にはお詫び申し上げます。

・おいしい焼き鳥店を探している美食家(グルメ)な方々
・今晩のおかずにおいしい焼き鳥の作り方を探している主婦/主夫の方々
・無用な争いを好み、SNS等での飯テロ用の食欲そそる焼き鳥画像をお探しの方々
・一に焼き鳥、二に焼き鳥、三四が無くて、五に焼き鳥な、焼き鳥マニアの方々

2015年03月16日

アナログ放送

週末に書いたはずの今週のブログのネタを、実家のPCに置き忘れてきたことが判明し途方にくれている僕です、こんばんは。二日分書いたのに……、明日には取り寄せてなんとか……。というわけでいきなり凹んでのスタートの僕です、こんばんは。

というわけで短く雑記です。

実家に週末寄っていたのですが、普段は泊まることの無い僕がいくと狭い部屋ですが一応おふとぅんが敷ける程度の物置部屋があります。そこにテレビもあるのですが(15インチくらいの小型)、これがアナログ放送対応のもので、いつも画質が悪いなぁ、と思っていたのです。

で、ご存じの通りアナログ放送のサービスがいよいよ終わるということで、このテレビもお役目御免となるわけなのですが、いまどきのテレビは安いのですね。父親が家電量販店にいったようで、32インチとかでも4-5万円で普通の日本のメーカーのものが買えるとか。

思い出すと、地デジ対応テレビを初めて買ったのは2006年の12月だった気がします。
当時、会社勤めをしていた僕は、部屋にあるテレビ(これまた14インチほどの小型+ビデオデッキ)でゲームをすることが苦痛だったので、自分のお給料で地デジ対応テレビを買おう!と決心したのでした。

ただ、当時は32型のテレビでおおよそ17-18万くらいはしました。今考えるととても高いですが、これでも当時あ大分安くなったと言う印象でした。

そんな地デジ切り替え一発目に見たのは「フィギュアスケート!」
一瞬で切り替わる14インチの世界から32インチへ。まおちゃんの演技を見て、なんと美しい映像だろうと暫くの間ほれぼれとして見ていました。

あれから9年ほど経ちますが、毎年年の瀬に実家に寄り、アナログ放送を見るたびに、「ああ、今のテレビは本当に綺麗でいいなぁ」と思い返させてくれていました。そんなテレビさん、アナログ放送さん、いままでお疲れ様でした。

未来のテレビがどんな風になっていくのか楽しみですね。
ではでは。


| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。