はじめに(おことわり)

このページは物書き志望の人間が書き連ねるグダグダとした戯言が載っている無益なページです。

なので、タイトルにつられてやってきてしまった以下のような方にはお詫び申し上げます。

・おいしい焼き鳥店を探している美食家(グルメ)な方々
・今晩のおかずにおいしい焼き鳥の作り方を探している主婦/主夫の方々
・無用な争いを好み、SNS等での飯テロ用の食欲そそる焼き鳥画像をお探しの方々
・一に焼き鳥、二に焼き鳥、三四が無くて、五に焼き鳥な、焼き鳥マニアの方々

2015年03月19日

パワーゲーム

じりじりと身を焦がされるように締め切りが迫ってきていて、喉元をきゅっと締め付けられているような僕です、こんばんは。

昨日の話です。会社の入っているビルにはセブンイレブンがあり重宝しているのですが、そこにおにぎりを買いに行ったところ見慣れぬ物体が。
以前ニュースで見た「セブンドーナッツ」の販売がスタートしたのです。

一見すると、まるで「ミ○ド」とコラボしているように見えるドーナッツの数々。でも、これはあくまでセブンの独自ブランド品です。値段も1個100円程度とまさにミス○そのもの。

試しに一番無難というかスタンダードの「オールドファッション」を購入してみましたが、意外といけます。コーヒーが飲みたくなる甘さです。

肥えた舌の持ち主ではない僕からすると、記憶に残るミスド(ついに伏字解禁!だって伏字は面倒!)の味と比べても遜色がない気がします。

これが何を意味するかというと、全国津々浦々にあるセブンでいつでも手軽にドーナッツが買える販売網を敷いたことになります。これはミスドにとっては脅威でしょう。

もちろん、種類は限られるので全てのミスドの客を奪うというわけではないですし、今までミスドを買っていなかった人が買う効果というものあるとは思います。(ドーナッツ市場の活性化)

ただまぁ、それでも近隣にミスドがある人の一部は確実にセブンに流れると思いますし、これは巨大な販売網を持つセブンのパワーゲームだなぁ、と思ったわけです。

MBAの授業なんかでのマーケティング戦略で、いかにしてミスドはこのセブンの脅威に立ち向かうのか、といったケーススタディをやったら盛り上がりそうだなぁ、と考えたので本日のトピックにしてみました。

しかし、あのポンデリングそっくりな形状のものはOKなんですかね。。。えげつないでセブンはん。と思わず呟きたくなりました。
ではでは。
| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする