はじめに(おことわり)

このページは物書き志望の人間が書き連ねるグダグダとした戯言が載っている無益なページです。

なので、タイトルにつられてやってきてしまった以下のような方にはお詫び申し上げます。

・おいしい焼き鳥店を探している美食家(グルメ)な方々
・今晩のおかずにおいしい焼き鳥の作り方を探している主婦/主夫の方々
・無用な争いを好み、SNS等での飯テロ用の食欲そそる焼き鳥画像をお探しの方々
・一に焼き鳥、二に焼き鳥、三四が無くて、五に焼き鳥な、焼き鳥マニアの方々

2015年03月27日

キャラ造形1

予告通り今日はキャラ造形についてです(え?一日空いた?嘘つきだ?……そんな囁き聞こえませんねっ!)。こんばんは、僕です。

分かっているんです。本当は昨日書こうと思ったんですが、これがなかなか文字に落とし込もうとすると難しい。小説書いているくせにそんなこともできねぇだなんてオラ駄目な奴だ、と負のループに入って鬱々としていたので書けませんでした(半分嘘です。どこが半分かは秘密です)

今回のキャラは今年応募の新作の主人公について。
もちろんどんなキャラを登場させるかにあたっては、「どんな物語にするのか」を決めなければいけません。
今回は「一般向けの小説で、女性が郷土、仕事、恋愛に関して足掻きながらも前を向く物語!」と決めていたのでそこから決めていきました。

まず性別は女性。
本当は同性のキャラの方が書きやすいんだと思うんですが、僕は結構主人公の性別が女性になることが多いです。(はっ!もしや願望が!?)

恋愛とか仕事とか、大きな転換点ってやはり30歳くらいが岐路になると個人的には思っているのでそこを軸に。あとは郷土を語る上で都心出身ではなんだから、と直近で旅行にいった地方をチョイス。
これで骨格が出来ます。いまのところこんな感じですね。

【性別】女性
【年齢】30代前半
【出身】地方
【職業】社会人

ここからは性格です。
仕事や恋愛をなんでも器用にこなす人が主人公だとどうしてもカタルシスや盛り上がりに欠けてしまいます。もちろん、そういうスーパーマンの物語もありですが、個人的にはそういう物語はあまり好きではないです。

特に今回は出来るだけ「等身大の女性」を描きたいという気持ちがあったので、スーパーマンは排除しました。
そういう大枠が決まったところで詳細に入っていくのですが、ちょっと長くなりそうなので一旦ここで切り、続きはまた明日ということで逃げを打ちます。

ではでは。


| Comment(0) | 執筆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。