はじめに(おことわり)

このページは物書き志望の人間が書き連ねるグダグダとした戯言が載っている無益なページです。

なので、タイトルにつられてやってきてしまった以下のような方にはお詫び申し上げます。

・おいしい焼き鳥店を探している美食家(グルメ)な方々
・今晩のおかずにおいしい焼き鳥の作り方を探している主婦/主夫の方々
・無用な争いを好み、SNS等での飯テロ用の食欲そそる焼き鳥画像をお探しの方々
・一に焼き鳥、二に焼き鳥、三四が無くて、五に焼き鳥な、焼き鳥マニアの方々

2015年04月18日

企業再編

こんばんは、僕です。

さて今週「KADOKAWA」が組織再編というニュースが出て、これは電撃応募している身としては見過ごせない内容だと思ったのでちょっと触れてみます。

そもそもKADOKAWAは、2013年10月に角川書店や富士見書店やAMWなどが合併してできた組織で、今までのブランドは社内カンパニー制という形で存続していました。それが今後、局体制に移行し、特にライトノベルの分野で見ると「AMW」と「エンタテイメントノベル局」という二つの局で運営されるようです。

電撃以外のブランド・レーベルは一つの局に集約されるということで、今後もしかすると様々なものが統廃合されていくのかもしれませんね。

この記事を読んで思ったのが、「やはり電撃というのは巨大で、ブランド力でいっても凄いものがある」という認識なんだなぁということです。

普通統廃合をしようとするのであれば、局は1つに集約したいと思うはずですが、それが電撃というブランドのせいでできなかった、と見るべきでしょうね。まあ、内情は全く分かりませんが。

エンタテイメントノベル局の運営下で、編集さんの数も今までバラバラだった社内カンパニー制の時よりも減るでしょうし、今後そちらの競争は激化していくのかもしれませんね。現役の作家さんも今まで通りの刊行ペースというのは難しいのかもしれません。

そうして考えると、今後ますます電撃の新人賞の応募数が再び増えていくのではないかと1投稿者としては不安でびくんびくんしちゃいます。まさにまな板の上の焼き鳥。(既に調理済!)

とまれ、今年の応募原稿は既に提出したので、後は野となれ山となれで、静かに動向を見ていきたいと思います。

ではでは。


| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月17日

もったいないお化け

こんばんは、僕です。

このタイトルを理解できるかどうかである程度の世代を振るい落とすことが出来る巧妙な罠だと自負しております(ふるい落したらさらに訪問者が少なくなるという突っ込みは控えてください。お願いします、額をこう地面に擦りつけますから。ごりごり)

さて、よく小さい頃に「物を大事に扱わないともったいないお化けが出てきて、XXXちゃんの内臓を引きずり出して、そのままつやつやと血塗れになった内臓をおいしそうに、やっぱり臓物はレアだね、レア!と歓喜しながら食べられちゃうよ!」と脅された方も多いのではないでしょうか。(そんな具体的にかつ幼少の心にトラウマを植え付ける言葉はないでしょうけど)

そんなわけで、ご多聞に漏れず、焼き鳥さんも小さい頃からこの「もったいないお化け」を聞かされ続け、いまだに憑りつかれております。本だけは例外的なんですが、それ以外のものについてさしたる物欲がありません。

何か欲しいものがあっても、「いやいや、まだあれがあるし、そんなものを買うのはもったいない」と思い直して、ぐっと唇を真一文字に引き締め、血がにじむほどに噛み締める(相当なやせ我慢!)くらいです。(嘘)

おかげさまで相当物持ちも良く、実家の母親なんぞは「あんたまだあれ使ってるの!」と僕にもったいないお化けを憑依させた人間とは思えないセリフを吐きやがったりします。でもまぁ、付喪神ではありませんが、長く丁寧に使っていくことでそこに何かしらの思いが蓄積されていくということもあり得るかもしれませんので、手入れが出来るものはしつつ、長く付き合っていきたいものですね。

そんなことを言ってる傍から、僕のPC(7年目突入)が最近不穏な動きをしていて困っています。どうかもう数年くらいはもってください。お願いします。いきなりデータ消えないでください。お願いします、お願いします。

(PCに念じつつ)ではでは。
| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月16日

ハーレム物

こんばんは、僕です。

タイトルの如く、将来はわんこやにゃんこやうさうさなどにもふもふと囲まれて生活したいです。(そっちのハーレムか)

さて、執筆関連の記事が珍しく最近多いですが、今日はハーレム物について自分なりに思うことを書いてみようと思ったりします。

色んな意見があるのは分かったうえで言いますが、ハーレム物が書ける人って凄いなぁ、と個人的には思います。

なぜかというと、ハーレム物を書くのにあたっての最低条件は「魅力的で、各個性豊かな女性キャラが登場する」ことだからです。自分はそのどれもが苦手なのです。致命的といえば致命的なのですが、普通であればヒロイン的なポジション1人、頑張って登場させてもサブにしかならないような女性が一人の合計二人くらいしか女性は出てこないのです。

複数人のかき分けを行い、それぞれに魅力的な価値を付加させるって至難の技です。世の中にハーレム物が多いというのを聞くたびに、「どうして皆さんそんなに色んなキャラを書けるんだろう」と戦々恐々とします。しかも「魅力的なキャラ」というのは鬼門ですね。どうにも自分の過去の作品のヒロインたちはあまり魅力的ではないのではないか、という疑念がいつも選評を見るたびに思い、一人しかいないヒロインが魅力的じゃないって致命的(以下ループ

某アイドル物とか某艦隊物とかのアニメを見ていて、どうかき分けるか、どんな性格がありか等々勉強はしていますが、それをうまく自分の作風に取り込んで、より魅力的なキャラを生み出すには時間がかかりそうです。キャラを作り上げる、という作業については少し自分なりの方法が出来上がりつつありますが、それが魅力的かどうか、というより深堀りをしていけるようにしていきたいと思います。

ではでは。
| Comment(0) | 執筆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。