はじめに(おことわり)

このページは物書き志望の人間が書き連ねるグダグダとした戯言が載っている無益なページです。

なので、タイトルにつられてやってきてしまった以下のような方にはお詫び申し上げます。

・おいしい焼き鳥店を探している美食家(グルメ)な方々
・今晩のおかずにおいしい焼き鳥の作り方を探している主婦/主夫の方々
・無用な争いを好み、SNS等での飯テロ用の食欲そそる焼き鳥画像をお探しの方々
・一に焼き鳥、二に焼き鳥、三四が無くて、五に焼き鳥な、焼き鳥マニアの方々

2015年04月08日

本屋大賞

週も半ばに差し迫り、折り返し地点だ、ここは折り返し地点であって終点ではない、と言い聞かせている僕です、こんばんは。

さて昨日の話題になりますが、今年の本屋大賞が決定されましたね。本にまつわる賞は色々とありますが、芥川賞や直木賞といったものよりも、親しみが持ちやすい賞だなぁと自分の中では位置づけています。
さて、それでは今年の顔ぶれと順位をここに記載しておきます。

■2015年本屋大賞 順位一覧
大賞:『鹿の王』上橋菜穂子(KADOKAWA 角川書店)
2位:『サラバ!』西加奈子(小学館)
3位:『ハケンアニメ!』辻村深月(マガジンハウス)
4位:『本屋さんのダイアナ』柚木麻子(新潮社)
5位:『土漠の花』月村了衛(幻冬舎)
6位:『怒り』吉田修一(中央公論新社)
7位:『満願』米澤穂信(新潮社)
8位:『キャプテンサンダーボルト』阿部和重・伊坂幸太郎(文藝春秋)
9位:『アイネクライネナハトムジーク』伊坂幸太郎(幻冬舎)
10位:『億男』川村元気(マガジンハウス)

僕が読んだのは、この中では7位の米澤さんだけですね。8位〜9位も伊坂幸太郎さんなので以前であれば読んでいたかもしれませんが、最近ちょっと伊坂さんからは離れ気味なので読んでないです。

1位の鹿の王は上下巻なのですね。どうでもいいのですが、ニュースソースの中では「受賞作は未曾有(みぞう)の危機に立ち向かう父と子を描いた長編作品」と、なんともぼんやりとしたあらすじで、どうせならここで思わず「いやん、アタスもう読みたくってたまらんばい!」(狂喜乱舞)と思わせるようなあらすじを書けばいいのに、もったいない、と感じるのはワナビの性ですね。

実際どんな物語なのでしょうね。

3位のハケンアニメ!は面白いと聞いたことがあるので、積読が消化し終えたら手に取ってみようかなぁと思います。
ついでに昨年までの受賞作について語ろうと思いましたが、長くなりそうなので今日はこれまでにしておきます。ではでは。


| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。