はじめに(おことわり)

このページは物書き志望の人間が書き連ねるグダグダとした戯言が載っている無益なページです。

なので、タイトルにつられてやってきてしまった以下のような方にはお詫び申し上げます。

・おいしい焼き鳥店を探している美食家(グルメ)な方々
・今晩のおかずにおいしい焼き鳥の作り方を探している主婦/主夫の方々
・無用な争いを好み、SNS等での飯テロ用の食欲そそる焼き鳥画像をお探しの方々
・一に焼き鳥、二に焼き鳥、三四が無くて、五に焼き鳥な、焼き鳥マニアの方々

2015年04月09日

本屋大賞2

こんばんは、僕です。

いい加減挨拶で近況やら小ボケやらを挟み続けるのはネタの限界が来たのと、何か大変な人みたいに見えるのでさらっと止めてやりました!

昨日に引き続いての本屋大賞のお話しです。
さて、ここで歴代の受賞作を振り返ってみましょう。

■歴代大賞作品
第1回:『博士の愛した数式』小川洋子(新潮社)
第2回:『夜のピクニック』恩田陸(新潮社)
第3回:『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』リリー・フランキー(扶桑社)
第4回:『一瞬の風になれ』佐藤多佳子(講談社)
第5回:『ゴールデンスランバー』伊坂幸太郎(新潮社)
第6回:『告白』湊かなえ(双葉社)
第7回:『天地明察』冲方丁(角川書店)
第8回:『謎解きはディナーのあとで』東川篤哉(小学館)
第9回:『舟を編む』三浦しをん(光文社)
第10回:『海賊とよばれた男』百田尚樹(講談社)
第11回:『村上海賊の娘』和田竜(新潮社)

こうしてみると、結構バラエティに富んだジャンルだったり内容で、昔はよく読んでいたのだなぁと思いました。
実際に読んだことがあるのは、1回、2回、5回、6回、7回、(9回は購入済み)。

当時ミステリー偏重だった僕は、1回目の受賞作の博士の愛した数式を読んで、「ああ、こういう物語もいいなぁ」とせつなくなったものです。
それ以来、心のどこかで「普段は手に取らないけど、本屋大賞だったら」と思うようになったかもしれません。

勿論、自分の好みに合う、合わないはあるので、買って読んだけど実際はげふげふげふ、というのもありますけど、それはこの賞に限ったことではないですよね。

天地明察は静かで派手派手しい物語ではなかったですが、じんわりと胸を打つ物語で好きでした。
最近では本屋大賞を取ると映像化になる!という流れがあるようですが、今回の受賞作などもそれに続くのでしょうか。

なにはともあれ、活字離れや書籍関連が不況と叫ばれる中、こういう賞のニュースで少しでも多くの人が小説に興味を持って、市場が活性化していくのはいいことだなぁと思います。

ではでは。


| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。