はじめに(おことわり)

このページは物書き志望の人間が書き連ねるグダグダとした戯言が載っている無益なページです。

なので、タイトルにつられてやってきてしまった以下のような方にはお詫び申し上げます。

・おいしい焼き鳥店を探している美食家(グルメ)な方々
・今晩のおかずにおいしい焼き鳥の作り方を探している主婦/主夫の方々
・無用な争いを好み、SNS等での飯テロ用の食欲そそる焼き鳥画像をお探しの方々
・一に焼き鳥、二に焼き鳥、三四が無くて、五に焼き鳥な、焼き鳥マニアの方々

2015年04月11日

応募原稿

こんばんは、僕です。
寝ていただけのはずなのに、いつの間にか夜になっていました。おかしいです、寝る以外何もしていないのに。小人さんが時間をうっかり進め間違えたとしか思えません(ただの寝過ぎ)

さて、今回電撃大賞に応募した原稿ですが、7年もやってきて今年はいつもと違う取り組みをしたことについて一言書いておこうと思いました。

それは「下読み」です。

過去6年に関しては、最初の年を除いて、「自分で書きあげた原稿を推敲する」というスタイルだった為、誰かに「自分の応募予定の原稿を読んで駄目だしをしてもらう」ということをしていませんでした。
まあ、そういうことをしてくれる知り合いがいないというのもあったのですが。

今年はそういう知り合いに恵まれ、自分のつたない原稿に多くの叱咤叱咤および駄目だしをしてもらうことができました。なんたる幸甚!

やはり自分で読んでいるだけでは気づくことが出来ない点を指摘していただけるというのは本当にありがたいことだと思います。これで昨年よりも幾分かましな作品になったのかなぁ、とは思っていますが、その分7月10日の発表は怖いですね。

少しでも上に、多くの編集さんに「焼き鳥の作品面白いじゃねえか、こん鳥畜生」と罵ってもらえるように願っております。

そんなわけで今年の原稿「魔法少女☆と桃尻女とサメ肌男と鳥人間」はどこまでいくのか期待しつつ寝ることにします。(大嘘)

ではでは。


| Comment(0) | 執筆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。