はじめに(おことわり)

このページは物書き志望の人間が書き連ねるグダグダとした戯言が載っている無益なページです。

なので、タイトルにつられてやってきてしまった以下のような方にはお詫び申し上げます。

・おいしい焼き鳥店を探している美食家(グルメ)な方々
・今晩のおかずにおいしい焼き鳥の作り方を探している主婦/主夫の方々
・無用な争いを好み、SNS等での飯テロ用の食欲そそる焼き鳥画像をお探しの方々
・一に焼き鳥、二に焼き鳥、三四が無くて、五に焼き鳥な、焼き鳥マニアの方々

2015年05月30日

お待ちしています 下町和菓子栗丸堂

こんばんは、僕です。

続いての読書についての件です。
最近巷で流行しているともっぱらの噂のメディアワークス文庫の「お待ちしています 下町和菓子栗丸堂」を購入してみました。

以前から気にはなっていたのですが、なんとなく手には取ってませんでした。

お待ちしてます 下町和菓子 栗丸堂 (メディアワークス文庫) -
お待ちしてます 下町和菓子 栗丸堂 (メディアワークス文庫) -

浅草の和菓子職人である栗丸仁が織り成す人々との交流と、和菓子の魅力が詰まった一冊です。

この間読んだ「ハイカラ工房 神埼時宗の魔法の仕事」でも思ったのですが、職人さんをメインにした作品って面白いですよね。自分が知らないうんちくをへぇーという気持ちで理解できるのと共に、読み終えた後に作中で紹介されていたことに注目してしまうというか。
ハイカラ工房来客簿 神崎時宗の魔法の仕事 (メディアワークス文庫) -
ハイカラ工房来客簿 神崎時宗の魔法の仕事 (メディアワークス文庫) -

早速書店に寄って、栗丸堂の既刊2−3巻を購入してきました。今後も楽しみですね。
で、この本を読んだ結果として、コンビニでいつもは買わないんですけど、思わず大福を手にとって、家に帰って珈琲と一緒にいただきました(作中でも珈琲と一緒にというシーンがあるので)。今度はどこかの和菓子やさんいって、豆大福を買って食べたいなぁ。

暫くは和菓子にはまってしまいそうです。ではでは。


| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。