はじめに(おことわり)

このページは物書き志望の人間が書き連ねるグダグダとした戯言が載っている無益なページです。

なので、タイトルにつられてやってきてしまった以下のような方にはお詫び申し上げます。

・おいしい焼き鳥店を探している美食家(グルメ)な方々
・今晩のおかずにおいしい焼き鳥の作り方を探している主婦/主夫の方々
・無用な争いを好み、SNS等での飯テロ用の食欲そそる焼き鳥画像をお探しの方々
・一に焼き鳥、二に焼き鳥、三四が無くて、五に焼き鳥な、焼き鳥マニアの方々

2015年06月22日

辞書

こんにちは、僕です。
最近は真面目にちょっと新作のプロットに取り掛かり始めたりしていたので、ブログは放置しております。なので、のんびり気長にお付き合いください。

さて、インプットを最近はする時間が多いのですが、その中で今更な本を読んだりしています。
その第一弾として読んだのが「舟を編む」(三浦しをん著)です。

舟を編む (光文社文庫) -
舟を編む (光文社文庫) -

本屋大賞を獲って、かつ映画化もされたしご存じ有名なあの作品です。この記事を読んでいる方も既読な方は多いのではないでしょうか。
最近ようやく文庫落ちしたので手に取って早速読みました。

知らない人の為にあらすじを書くと、辞書を作ることに仕事の情熱をささげる人々のお話しです。
辞書を作る裏側ってこの本を読むまでまったく知りませんでした。言葉に捧げる情熱というか熱量というか、そういうものを存分に味わえる読み応えのある作品で、登場人物たちも憎めず、可愛らしく、ああ、こういう仕事っていいよなぁとしみじみ思える作品でした。最後の方はちょっとうるっときてしまいましたね。

僕が幼い頃は辞書といえば紙媒体でしたが、今ではネットも普及して簡単に単語の意味を調べられますし、電子辞書とかもあるからどうなんですかね? あの重たくて、時と場合によっては人を撲殺できる破壊力をもった紙の辞書はもう子供へのプレゼントとしては不可なのでしょうか。

目的の単語を見つけるまでの間、寄り道で知らない単語を見つけた時の喜びとか、そういう紙媒体ならではの楽しみがあったりするのですが、もし「いまどき」で紙の辞書が子供には使われていないのだとするとちょっと残念かもしれません。

とはいうものの、自分の今の家にも辞書は無いのですよね。置き場所が……という切実な問題ですが。
でも、偶には辞書を何の気なしにぺらぺらとめくって言葉の海に溺れるのもまた一興かなぁと思ったりしています。機会があれば購入してみようかな。ほら、いざという時に自衛の手段にも使えたりしますしね!(違)

ではでは。


| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月17日

実写化

こんばんは、僕です。

最近は漫画やアニメが原作といったものの実写化が増えてきている気がするのでちょっと思ったことを書いてみようと思います。
ま、ただの鳥の戯言ですが。(こう書いておかないと批判が来たら怖くてぶるぶる震えるからですよ!ええ、名の通りチキンです)

例えばラノベが漫画化されたり、アニメになることにおいてあまり拒否反応が見られないのはそこに「親和性」があることが大事だと思っています。つまり、原作で作者が意図したことや、表現といったものを継承し、表現できる場がそこにはある。

ただアニメ化などにも技量という問題は勿論付きまといます。表現力が、演じる方の演技が、ということですね。ただ、それはその人次第なのでキャスティングや演出に批判があったとしても、アニメ化されること自体への拒否反応は少ないように見受けられます。

ただ、これが実写になるとなぜそこまでの批判があがるのだろうと考えた時に、そこにあるべき「親和性」のようなものが薄れてしまうからではないか、と思います。
つまり、作者の意図などが継承されない問題が多々見受けられる訳です。

漫画ならではの、ラノベならではの表現が現実の実写で表現できるかは不明です。そこには無理なこともあるでしょう。
映画やテレビだとして、それは商売ですし、少しでも集客を見込めるようにするために性別を変えたり、原作にないキャラを追加することもあるでしょう。
(たとえばどこかの巨大な生物と戦うものだと、日本の映画だから、キャラが全員日本人が演じるとかもろもろ……げふげふ)

現実問題としてそのままにはできないから、変えちゃおう、と。でもそれって、実写化するかどうかの議案を持ち寄った時に本来ならわかることで、問題があるなら実写化しないという選択肢もあるはずなんですけどね……。

もちろん原作に忠実に可能な限りの努力を行い、実写ならではのプラスアルファを載せてくるものもあると思います。
それでも、拒否反応が多いのはそういうことが現実としてあまりお目見えしていないからなのかな、と思います。

勝手なイメージですが、アニメ化などは「原作をもとに、アニメでどう表現できるか」という目標があり、一方で実写は「実写化するから、原作をどう変えようか」ということが出発点に話し合いが進んでいるのではないかなと思わなくもないです。俳優キャスティングが先に決まってから作品を〜とはよく聞く話ですしね。。。

ま、専門家でもなんでもないのですが、メディアミックスを否定するつもりはないですし、1つでも多くの素敵な作品が生まれることを願っています。
(過去に好きな作品が実写化されて傷を受けてきた身としては、切に……切に……ごふっ)

偶には真面目に語ってみました。ではでは。
| Comment(0) | 執筆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月15日

驚き

こんにちは、僕です。

昨日ふと寝る前にブログのアクセスカウンターを見たら、見たことのない3桁の数字が並んでいるのを見て、「一体何が起きたんだ!?」と眠気が吹き飛びました。
まさか、どこかでつるしあげにあってるんだろうか、それとも焼き鳥ブームの再来で僕のブログを間違って訪問する人が増えたのか。どうしよう、そんな人をトラップにかけるようなブログタイトルにしたせいで、いまやコメント欄に罵詈雑言の嵐が吹き荒れていたら……(完全なる自業自得)。

と、それは杞憂でして、相互リンクを貼らしていただいている常木らくださんのブログでどうやら先日の電撃対象の応募数推移のことを話題にしてくださったようで、そこからアクセスが増加したようです。これは今度何かの折に菓子折りでも持って馳せ参じなければいけません。

本人としては仕事でもよくやる数字の「仮説」と「検証」をやってみただけだったのですが、ここまで好評になるとは全く思っていませんでした。

初めて訪問された方は面食らったことは間違いないないでしょう。なにせ焼き鳥のブログですし。
なんだここ、へんちくりんな文章を載せていやがるな!てめぇ、炭火でじゅうじゅうお前のボンジリを焼いて食っちまうぞ!と怒り心頭な初訪問者の方々の様子が目に浮かびます。
そんな方にはお詫びを込めて「まじめなブログだと思ったか?引っかかったな!」と叫ばせていただきます(嘘です)。

しかし、今回改めて「らくだ図書館」というブログが持つ力をまざまざと見せつけられた気がします。継続は力なり。読む人を楽しませよう!という意気込みに満ちた、自虐的なネタもいとわない姿勢に、かなり多くのワナビの方が勇気づけられ、またその更新を楽しみに待っているのだな―と思いました。もちろん僕もその1人です。

僕のブログは相変わらずそのほとんどが創作の役にも立たない阿呆な文章の羅列であることは疑いようがないのですが、それでも少しでも読んでくださる方の為におもちろい文章を書いたり、時にはなるほど!と思ってもらえる情報をお届けできたらいいなーと思いました。

おお、なんかまじめ。
そんなわけで発表まであと一カ月を切っていますし、焼き鳥さんはぶるぶると網の上で震えながら発表を待つことにします。
ではでは。
| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。