はじめに(おことわり)

このページは物書き志望の人間が書き連ねるグダグダとした戯言が載っている無益なページです。

なので、タイトルにつられてやってきてしまった以下のような方にはお詫び申し上げます。

・おいしい焼き鳥店を探している美食家(グルメ)な方々
・今晩のおかずにおいしい焼き鳥の作り方を探している主婦/主夫の方々
・無用な争いを好み、SNS等での飯テロ用の食欲そそる焼き鳥画像をお探しの方々
・一に焼き鳥、二に焼き鳥、三四が無くて、五に焼き鳥な、焼き鳥マニアの方々

2015年08月31日

ギンカムロ

こんばんは、僕です。

すっかりと気温も落ち込み、猛暑でぐったりしていたのが遠い昔のことのように思えますが、皆様いかがお過ごしでしょうか? 焼き鳥さんは電話がかかってこなかった精神的なショックで大ダメージを受けております。

……うん、駄目だろうなとは思っていたけれど、やっぱり落選となるとショックはありますよね。
ま、そういうときは新作に入魂して気を紛らわすことにします。

さて、最近読んだ本の紹介を再び。
今回は美奈川護さんの「ギンカムロ」です。

ギンカムロ (集英社文庫) -
ギンカムロ (集英社文庫) -

美奈川さんといえば、ヴァンダル画廊街の奇跡で16回電撃大賞の金賞受賞をされた作家さんです。
ヴァンダル以降はMW文庫にて様々な作品を刊行していましたが、競艇の世界を描いた「スプラッシュ」以降ツイッターやらブログやらを削除して雲隠れしてしまっていて、一読者としては「一体何が起きたんだ!?」と不安でしたが、この度、角川文庫より新刊を出されてほっとしました。

ツイッターも新しいアカウントを作成されておりますが、「兼業作家が最も怖れる大惨事が以前のアカウントに降りかかったので雲隠れしてましたが」とはいったい何が起きたのでしょうか(ガクガクブルブル)

それはさておき、聞き慣れないタイトルですが、本作は花火師のお話です。
ギンカムロとは「銀冠」と表記する、花火の中で最も難しい高温で熱さなければ出せない銀色の花火のことを指し示す言葉のことです。

花火って見るもので、その裏側の職人さんのことってあまり知らないですよね。
解説で北上次郎さんが本作を「お仕事小説」と評しております通り、これは花火職人として生きる人間、その環境、仕事を描いた作品です。

MW文庫の時と同じ、一癖も二癖も味のあるキャラクターと心地良いテンポの会話は健在です。
両親の事故死から花火師の実家を飛び出した昇一が祖父に呼び戻され、そこで職人としては珍しい女性の風間絢と出会うことで、止まっていた時間が再び動き出す〜というのがあらすじです。

相変わらず美しい文章を書くので、読んでいると普段は目で楽しむことしかない花火が、色鮮やかに文章で彩られ、脳裏に素敵な大輪が刻まれること間違いなしの一作です。

花火には、2つしかない。一瞬で消えるか、永遠に残るか。

こんなキーワードで綴られる物語、夏の終わりに読んでみてはいかがでしょうか?

素敵な物語に出会うと執筆意欲が増しますよね。ということで焼き鳥さんももうひと頑張りしようと思います。
ではでは。





| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月28日

ハイカラ工房来客簿2

こんにちは、僕です。

22回電撃大賞はもうすぐ最終候補の発表ですね。
僕はたぶん残念ながらそこへは進めなかったのですが、落選した皆様にもまだ拾い上げというチャンスがあります。

拾い上げというのは、惜しくも受賞には至らなかったものの、光るものがあるので編集さんと二人三脚で作品を練り上げ出版へと漕ぎつけることを指します。
電撃大賞では応募数も多く、この拾い上げを経て作家デビューをした方も多くいらっしゃいます。

ということで本日は、今月発売のMW文庫「ハイカラ工房来客簿2 神崎時宗と巡るご縁」のお話。
焼き鳥さんが好きなこの筆者さんですが、20回の電撃大賞で四次選考まで進まれた後、拾い上げでデビューされた方です。

ハイカラ工房来客簿 (2) 神崎時宗と巡るご縁 (メディアワークス文庫) -
ハイカラ工房来客簿 (2) 神崎時宗と巡るご縁 (メディアワークス文庫) -

簡単なあらすじは、革職人である神崎時宗が大正時代にタイムスリップしてしまい、そこで出会う方々との交流を描く物語です。
なんといっても見せ場はそれぞれのお話に出てくる革小物。
きちんと取材したのであろうと窺わせる数々の工夫や豆知識、うんちくなど。いわゆるはやりの「お仕事小説」としての読み応えもたっぷりあります。
自分の知らない職人の仕事って興味がありますし、読んでいて楽しいですよね。

この筆者さんの上手いところは、そういうお仕事小説の面をくどくならないように描きながらも、きちんと人と人とを繋ぐ心情描写を綺麗に描いているところだと思います。
また、彼の文章がとても読みやすいので、するするとその世界に引き込まれていきます。
今回の4章のインバネスコートのお話はかなり感動的でした。

ヒロインも、今回登場の小梅ちゃんも可愛らしい魅力あふれるキャラです。小梅ちゃんのイラストが見たい!
あやときさんの絵はとても魅力的なので、本屋でお見かけしたらぜひともお手にとって読んでみてください。きっと気に入ってもらえると思います。

そんなわけで、このお話しも続きが出るといいなーと信じつつ、自分も拾い上げてもらえるように新作に取り掛かろうと思います。

ではでは。
| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月24日

新作を書く!

こんにちは、僕です。
全裸待機が辛くてしんどいです。でんわは……電話はまだかっ!はやく服を着させて!(錯乱)
というわけで電話はならないのでだいぶ諦めモードの僕です。

ここで更新していないと「あいつ電話がきやがったな!」と邪推され、あとで「なんだよ、結局電話なかったのかよ、思わせぶりな態度とりやがって!」と何故かいわれのないことでダメージを受けそうなので更新をしておきます。

まだ最終的な結果は出ておりませんが、四次選考まで進むことが出来ました。
受賞したい!と思ってから四年、色々試行錯誤を繰り返してきましたが、その中で効果的だったかな、と思うことについてちょっとまとめてみようと思います。
いくつかはありますが、今日はその内の1つを。

「過去作の改稿はしない、常に新作を書く!」

これが受賞したい!と思ってから取り組んできたことです。

最初の3年ほどは、実のところ「選評さえもらえればいいやー」という軽い考えで、その前の年の応募作を締切一カ月前になって書き直す、ということばかりしていました。
確かに選評で指摘されたところを直して作品を作り直すことは大事な作業です。
でも、それだけをしていては筆力や構成力といったものが向上しないなーと自分で実感していました。

なので、この「改稿はしない、常に新作を書く!」です。

単純なことですが、新作を書くにあたってはプロットを組んで、構成を考え、人物像を練り上げと多くの作業が必要になります。
僕は一年に2-3作品は最低仕上げるという目標を4年前に組んで、そこからそれに従って毎年新作を仕上げています。(すくねーぞ、ばかやろーという声が飛んできそうですが……)

もちろんそれが必ずしも良いことではなくて、昨年は久々に二次で全滅するという目も当てられない結果になったわけですが、新作を書いていると自分がどこの分野が弱くて、伸ばしていくべきところがどこなのかというのも見えやすくなってきます。

いつも新作を書くときは、「なるべく今まで挑戦したことのないジャンル、物語を書こう」としているので、昨年のようにそれがとんでもない方向へいってしまい自滅することもあります。が、まあそこはご愛嬌で、色々なジャンルを書くことで物語の広げ方やキャラの動かし方のバリエーションも増えていきますし、こういう経験値の積み重ねがもしかすると今年ステップアップできる原動力になっていたのかもしれません。

と締めくくるとなんだか死んでしまうような感じですが、安心してください履いています生きています。
今年は駄目だったかもしれませんが、また来年に向けて新作を書き始めてはいるので、亀の歩みの如きノロさですが前に向かって進んでいこうと思います。
ではでは。
| Comment(0) | 執筆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする