はじめに(おことわり)

このページは物書き志望の人間が書き連ねるグダグダとした戯言が載っている無益なページです。

なので、タイトルにつられてやってきてしまった以下のような方にはお詫び申し上げます。

・おいしい焼き鳥店を探している美食家(グルメ)な方々
・今晩のおかずにおいしい焼き鳥の作り方を探している主婦/主夫の方々
・無用な争いを好み、SNS等での飯テロ用の食欲そそる焼き鳥画像をお探しの方々
・一に焼き鳥、二に焼き鳥、三四が無くて、五に焼き鳥な、焼き鳥マニアの方々

2015年08月06日

それが声優!

こんばんは、僕です。

久々にアニメの話題でも。
今期も色々雑多にアニメを見ているのですが、放送前は惰性でとりあえず録画しておくか、とぽちっとしていたものが、見始めると結構はまったりするものがあったりします。

その中で今回は「それが声優!」について取り上げてみようと思います。
これは非常に珍しい「同人誌」がベースになって、商業誌を挟むことなくアニメ化になった稀有な例だと思います。
(現在はアニメ化に合わせて商業誌版も発売されています)

11年のコミケから毎回コミケで新刊を発行しているサークル「はじめまして。」さんの作品で、現役声優である「浅野真澄」さんと、現役漫画家さんの「畑健二郎」さんがタッグを組んでいます。
畑さんと言えば少年サンデーで「ハヤテのごとく!」を連載されている人気作家さんですね。

内容は職業あるあるで、声優という職業の知られざる裏事情を面白おかしく描いています。
WEBでも毎週金曜日に更新されているので、気が向いたらぜひチェックしてみてください。

それが声優WEB

職業ものって結構面白いですよね。職業自体は知っていても、裏側は知らない的な。
BAKUMANでは漫画家、読んだことはないのですが巷で有名な「なれるSE!」など、職業ものって結構人気があるイメージがあります。
電撃でも声優さんものや、ラノベ作家ものもあったと記憶しています。

読者層に人気の職業の裏側を見れるのってなんだか秘密を知っちゃうみたいでドキドキしますよね。

こういう漫画を読んでいると、ネタの着眼点や、そのネタをいかに面白おかしく調理しているかという手腕に凄いなーと感心します。
自分の創作にもそういうエッセンスをぜひとも取り入れなければっ!とやる気が出てきます。

どうでもいいですが、誰かいつかこういう4コマ漫画で「ワナビあるある」的なものを出してくれないですかね。
きっと今までのどの職業漫画よりも強く共感できたり突っ込んだりできそうな気がします。笑

そんなわけで今日はこの辺で、ではでは。
| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月04日

鹿の王

こんにちは、僕です。

なかなかインプットをする時間が無かったのですが、ようやく読みたかった本を読み終えることができました。

今年の本屋大賞受賞作、上橋菜穂子さんの「鹿の王」です。
なかなかの大作で本の厚みが相当でしたが、旅行中に上巻を読み、帰ってきてからちまちまと通勤時間の間やお昼休みに読んでいました。

鹿の王 (上) ‐‐生き残った者‐‐ -
鹿の王 (上) ‐‐生き残った者‐‐ -
鹿の王 (下) ‐‐還って行く者‐‐ -
鹿の王 (下) ‐‐還って行く者‐‐ -


ファンタジー物というと、雰囲気でいえば以前読んだ「折れた竜骨(米澤穂信さん著)」にも似ているところはあるかもしれません。
それ以前に、となるといつ読んだことがあるのか記憶をたどっても中学〜高校くらいまで遡らないと出てきません。

……ごふっ(年を取ったことを痛感したことによるダメージ)

簡単にさわりだけを説明すると、「ファンタジーの世界で描く親子の絆、医学の発展と病気に対する考え」のようなものになるのでしょうか。
あとがきで上橋さん自身が語っておられましたが、この「ファンタジーの世界で描く医学」というのはとても難しいと思いました。
よくこれをこのような上質な物語に仕上げられたなぁ、とただただ一読者としても感心するばかりです。

ファンタジーの世界の難しさは、そこで生きる人々の信仰・考え・生活習慣・物事に対する考え方というものを如何に想定し、どう描くかです。
特に今回のように医学をメインテーマのひとつに据えている以上、それは避けては通れないことになります。
(折れた竜骨で、殺人事件の犯人探しをするという上でも、その世界の常識等が整頓されていることは必須であり困難な部分でしたね)

これは本当に膨大な量の設定を必要として、またそれを全て事細かに描くというよりかは必要な部分を取捨選択して
読者に必要なものだけを提供するということが試されるのだと思います。

さすが、と僕のようなチキンが言うのもおこがましいですが、最後まで物語の世界観や考え方に疑問を持つこともなく
しっかりと読ませきった本作品は、なるほど本屋大賞を受賞して皆様の支持を得るのも納得だなぁと思う出来だったと思います。
最後はほろり、としてしまいますね。

どうでもいいですが、ユナちゃんの「おちゃん、おちゃん!」というセリフは脳内再生余裕レベルの可愛さでしたね。
今まで触れてきたことのない作家さんでしたが、今後書店で見かけた際には手にとってみようかな、と思いました。

ではでは。
| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月02日

続・三萩せんやさん

こんにちは、僕です。

今年の夏は例年以上に暑い気がします。ジムに行って汗をかいてシャワーを浴びてさっぱりしたのに、帰り途を20分ほど歩いて帰ると、着替えたばかりのシャツやパンツがびっしょり濡れて、再び家でシャワーを浴びなければいけない理不尽に襲われます。

そんなわけで、以前の記事でも紹介した僕が一方的にデビュー前から知っていた三萩せんやさんのデビュー作が発売されましたので、暑いさなかに本屋へと。

結構大きな書店なので、何処に何があるのか分からず、本探しは苦労しました。
「たま高ダンス部へようこそ」はラノベなので分かりやすい位置にあったのですが、問題は「神様のいる書店 まほろばの夏」です。

ダ・ヴィンチ系統の本が何処にあるか店内をぐるぐると回り続けること10分……見つかりません。
意を決して「本をお探しの方はこちらへどうぞ」という一角へ。
自分で調べるならいいのですが、そこは書店員さんに口頭で尋ねるタイプの場所でした。

さて、尋ねるぞと思った瞬間、暑さで頭をやられたのか、それとも鳥頭と称されるこの焼き鳥の小さな脳みそのせいか、タイトルを完全に度忘れしました。そのせいで、かなり挙動不審ぶりに……。

僕「あ、あの、本を探しているんですけど」
書店員「はい、本のタイトルは分かりますか?」
僕「えっと……(あれ、なんだっけ、書店の奴だよね、えっとえっと)あの……まほ……まほ(まほらぶだっけ、まぶらぶ、いや、それはなんか違う奴だ)、まほらぼ? まほろば?的な奴で、あの昨日発売の奴です!」
書店員「えーと、、、ああ、(明らかに困った顔)」
僕「ちょ、著者が三萩、三萩せんやさんのです!そう、せんやさんのやつで!まほがつく奴です。ダヴィンチの賞とったやつです!(ごり押し)」
書店員「ああ、はい、ちょっと待ってください」(完全にだるそうな感じ)

待って、と言われたので静かに待つこと数分。
なんとかナイスガイなお兄さんのおかげでゲットできました。「神様のいる書店」

こんなに困惑したのも、なんとなく応募作の「幻想まほろば屋書店」の方がイメージに残っていたせいで、しっかりとしたタイトルを覚えていなかったのが原因ですね。

でもまぁ、無事に購入出来たのでこれからじっくり楽しんで読みたいと思います。
写真(13).JPG

ではでは。



| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする