はじめに(おことわり)

このページは物書き志望の人間が書き連ねるグダグダとした戯言が載っている無益なページです。

なので、タイトルにつられてやってきてしまった以下のような方にはお詫び申し上げます。

・おいしい焼き鳥店を探している美食家(グルメ)な方々
・今晩のおかずにおいしい焼き鳥の作り方を探している主婦/主夫の方々
・無用な争いを好み、SNS等での飯テロ用の食欲そそる焼き鳥画像をお探しの方々
・一に焼き鳥、二に焼き鳥、三四が無くて、五に焼き鳥な、焼き鳥マニアの方々

2015年04月19日

地ビール

こんばんは、僕です。

以前コンビニで売っているクラフトビールのことについて語ったことがありましたが、最近お店でもクラフトビールとかを提供しているところも多いですよね。

ちなみに、「クラフトビールとはなんぞや?」という人の為に説明すると「「クラフトビール(Craft Beer)」とは、小規模なビール醸造所でビール職人が精魂込めて造っているビールです。ビール職人が造り出す高品質なビールを「手工芸品(Craft)」に例えて、クラフトビールと呼びます。」とのことです。
説明文はクラフトビール東京様(http://craftbeer-tokyo.info/about-craftbeer/)のサイトより抜粋です。

クラフトビールというと、なんだか新しいもののように思えますけど、これっていわゆる昔からある「地ビール」と同じなんですよね。あれですよあれ、ももひきがある日気づいたらスパッツとかレギンスとか呼ばれるようになっていた的なあれです。

そんなわけで、この間埼玉の地ビール、その名も「COEDO(こえど)」を飲む機会があったのですが、柑橘系のフルーティーな感じで、ぐいぐいと飲めてしまうとても美味しいお酒でした。

写真(12).JPG

なにゆえ埼玉の地ビールがこのような名前で、かつ柑橘系なのかは不明ですが、いつもとは違ったビールもまた良いものですね。

そんなわけでいつかのんびりできることがあれば、各地の地ビールを色々試してみたいですねぇ。
ではでは。

P.S.なんだか気づけば毎日更新していたブログですが、暫くは不定期な掲載もしくは休載が続と思いますが、まぁ、生温かい目で見守ってください。改めましてではでは。



| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。