はじめに(おことわり)

このページは物書き志望の人間が書き連ねるグダグダとした戯言が載っている無益なページです。

なので、タイトルにつられてやってきてしまった以下のような方にはお詫び申し上げます。

・おいしい焼き鳥店を探している美食家(グルメ)な方々
・今晩のおかずにおいしい焼き鳥の作り方を探している主婦/主夫の方々
・無用な争いを好み、SNS等での飯テロ用の食欲そそる焼き鳥画像をお探しの方々
・一に焼き鳥、二に焼き鳥、三四が無くて、五に焼き鳥な、焼き鳥マニアの方々

2015年08月28日

ハイカラ工房来客簿2

こんにちは、僕です。

22回電撃大賞はもうすぐ最終候補の発表ですね。
僕はたぶん残念ながらそこへは進めなかったのですが、落選した皆様にもまだ拾い上げというチャンスがあります。

拾い上げというのは、惜しくも受賞には至らなかったものの、光るものがあるので編集さんと二人三脚で作品を練り上げ出版へと漕ぎつけることを指します。
電撃大賞では応募数も多く、この拾い上げを経て作家デビューをした方も多くいらっしゃいます。

ということで本日は、今月発売のMW文庫「ハイカラ工房来客簿2 神崎時宗と巡るご縁」のお話。
焼き鳥さんが好きなこの筆者さんですが、20回の電撃大賞で四次選考まで進まれた後、拾い上げでデビューされた方です。

ハイカラ工房来客簿 (2) 神崎時宗と巡るご縁 (メディアワークス文庫) -
ハイカラ工房来客簿 (2) 神崎時宗と巡るご縁 (メディアワークス文庫) -

簡単なあらすじは、革職人である神崎時宗が大正時代にタイムスリップしてしまい、そこで出会う方々との交流を描く物語です。
なんといっても見せ場はそれぞれのお話に出てくる革小物。
きちんと取材したのであろうと窺わせる数々の工夫や豆知識、うんちくなど。いわゆるはやりの「お仕事小説」としての読み応えもたっぷりあります。
自分の知らない職人の仕事って興味がありますし、読んでいて楽しいですよね。

この筆者さんの上手いところは、そういうお仕事小説の面をくどくならないように描きながらも、きちんと人と人とを繋ぐ心情描写を綺麗に描いているところだと思います。
また、彼の文章がとても読みやすいので、するするとその世界に引き込まれていきます。
今回の4章のインバネスコートのお話はかなり感動的でした。

ヒロインも、今回登場の小梅ちゃんも可愛らしい魅力あふれるキャラです。小梅ちゃんのイラストが見たい!
あやときさんの絵はとても魅力的なので、本屋でお見かけしたらぜひともお手にとって読んでみてください。きっと気に入ってもらえると思います。

そんなわけで、このお話しも続きが出るといいなーと信じつつ、自分も拾い上げてもらえるように新作に取り掛かろうと思います。

ではでは。
| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: