はじめに(おことわり)

このページは物書き志望の人間が書き連ねるグダグダとした戯言が載っている無益なページです。

なので、タイトルにつられてやってきてしまった以下のような方にはお詫び申し上げます。

・おいしい焼き鳥店を探している美食家(グルメ)な方々
・今晩のおかずにおいしい焼き鳥の作り方を探している主婦/主夫の方々
・無用な争いを好み、SNS等での飯テロ用の食欲そそる焼き鳥画像をお探しの方々
・一に焼き鳥、二に焼き鳥、三四が無くて、五に焼き鳥な、焼き鳥マニアの方々

2015年11月27日

隣人の死体は、何曜日に捨てればいいですか?

こんにちは、僕です。
さて以前より楽しみにしていたMW文庫の新刊、伊原柊人さんの「隣人の死体は、何曜日に捨てればいいですか?」が刊行されたので早速読みました。
ネタバレはないのでブラウザは閉じなくて大丈夫です。

隣人の死体は、何曜日に捨てればいいですか? (メディアワークス文庫) -
隣人の死体は、何曜日に捨てればいいですか? (メディアワークス文庫) -

本作は、第21回電撃大賞で最終選考まで残った著者のデビュー作。
重大犯罪抑制の為、五人組という隣人相互監視システムが復活した現代が舞台。隣人の犯罪責任を負わなければいけない世界。
ある日、隣人の殺人事件が起きてしまい、しかもその殺人犯が隣人の一人だということで……。
というのが公開されているあらすじです。

本作は最終選考ではなく四次選考まで通った作品ですが、よくこれを上にあげたな、と思うほどの猟奇ミステリーです。
MW文庫の門戸は広いです。

圧倒的な筆力と、ミステリー要素を孕んだ作品は最後まで息をつかせません。
自分もミステリーを書いているので、「いかに途中で読者の人を飽きさせないか」というはある種の命題ですが、この作品はそれを楽々とクリアしています。

マリオもびっくりなスーパージャンプで軽々そういったハードルを越える様は、一書き手としてはハンカチを噛み締め「きー、悔しいっ」と言わずにはいられません。

……ところでこの涎がついたハンカチはどうしたらよいでしょうか?

とまれ、脱線しましたが、ミステリーやホラーテイストが好きな人には垂涎の作品になっているのは間違いないと思います。

来年からはウェブ応募も可能になった電撃ですが、これからもますますいろいろなジャンルで読者を楽しませてくれるのだろうなーと期待します。

……まあ、僕が受賞できる確率がどんどん低くなるってことにもなりますが(白目)
そんなわけで新作の執筆頑張ろうと思います。ではでは。
| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: