はじめに(おことわり)

このページは物書き志望の人間が書き連ねるグダグダとした戯言が載っている無益なページです。

なので、タイトルにつられてやってきてしまった以下のような方にはお詫び申し上げます。

・おいしい焼き鳥店を探している美食家(グルメ)な方々
・今晩のおかずにおいしい焼き鳥の作り方を探している主婦/主夫の方々
・無用な争いを好み、SNS等での飯テロ用の食欲そそる焼き鳥画像をお探しの方々
・一に焼き鳥、二に焼き鳥、三四が無くて、五に焼き鳥な、焼き鳥マニアの方々

2016年04月25日

22回電撃大賞銀賞 恋するSP

こんばんは、僕です。

引き続いての投稿ですが、予告通りに最近読んだ本の感想など。
第一弾はタイトルにある通り、僕が盛大に四次落ちを食らった回の受賞作である「恋するSP 武将系男子の守りかた」です。

恋するSP 武将系男子の守りかた (メディアワークス文庫) -
恋するSP 武将系男子の守りかた (メディアワークス文庫) -

確か受賞時のタイトルは「戦国えすぴゐ」でしたかね。

実は発売されるまで、何故か空目していて「戦国ゑびす」だと勘違いしていました。
それが「SP」となって発売されたので「ゑびす様が戦うお話なのか!」と変な盛り上がりをしていたのは秘密です。

ネタばれはなしの方向性ですので、簡単なあらすじでも。
歴史に詳しくなくても知っている武将織田信長、長尾景虎(のちの謙信)、武田晴信(のちの信玄)の三人が現代に城ごとやってきてしまうところから始まります。その長尾景虎の警護(SP)を任されるのが、ど新人SPである黒田千奈美で――というお話です。

どたばたのコメディ色が強い作品仕立てで、現代にタイムスリップ?してしまったというのに、各戦国武将の立ち振舞いが、僕ら現代人が思い描く像に妙にしっくりと合っていて、なかなか楽しめました。

細かいところは突っ込んだら負けだ!ということで歴史ものではなく、コメディとして読むとけらけらと笑ってあっという間に読んでしまえます。

また、主人公千奈美の警護する長尾景虎が多く登場するのですが、ちょうどいまNHKでも真田丸が出てきて上杉景勝が「上杉は義の無い戦はせん」と表現したりしているのを見ると、本書と照らし合わせて「おぉ」と思ったりも出来ますね。

今後の作品は今回のように歴史もので攻めるのか、それとも他のコメディ色の強い物語にするのか気になりますが、今後の動向を追いたいと思います。

ではでは。


| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: