はじめに(おことわり)

このページは物書き志望の人間が書き連ねるグダグダとした戯言が載っている無益なページです。

なので、タイトルにつられてやってきてしまった以下のような方にはお詫び申し上げます。

・おいしい焼き鳥店を探している美食家(グルメ)な方々
・今晩のおかずにおいしい焼き鳥の作り方を探している主婦/主夫の方々
・無用な争いを好み、SNS等での飯テロ用の食欲そそる焼き鳥画像をお探しの方々
・一に焼き鳥、二に焼き鳥、三四が無くて、五に焼き鳥な、焼き鳥マニアの方々

2018年04月20日

推敲方法

こんにちは、僕です。

やはり電撃大賞締め切り後くらいはブログのアクセスがあがりますね。
とはいってもあまり更新が無いですし、訪れた人に有益な情報をもたらすことはきっとないので無駄足だと思います。
駄文を読んでせいぜい肩の力を抜くと良いですよ?(挨拶)

前回のブログではちらっと推敲について触れましたが、推敲の仕方は人それぞれです。
今回はきまぐれで僕の最近の推敲方法について触れてみようと思います。

1. 書きあがったWord文書をPDF変換
2. iPadの手書きが出来るソフト上で読みながら誤字脱字、エピソード追加のポイントを記載
3. Wordで加筆修正。この時点ではページ数オーバーを気にしない
4. 1〜3を3回〜4回くらい繰り返し、4回〜5回目辺りで枚数内に収める
5. 最後にセリフの部分だけを繋げて音読しながら読み、修正

5については今回から取り入れてみたんですが、なかなか良い感じです。
まあ、他人からみたら完全に不審者ですけどね。

セリフが説明調になっていないかとか、繋がりが自然かとか、そういった点に結構気付かされました。
まあ、これについては僕がセリフを書くのがへたくそだということもあるんだと思いますが。

たぶん無駄の多い推敲作業だとは思いますが、こういう試行錯誤をしながら作品を研磨していける感じが結構好きだったりします。
願わくば結果が伴うと嬉しいですねー(フラグ)。ではでは。
| Comment(0) | 執筆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月28日

執筆時間



こんにちは、僕です。
突然思い立ったので、僕の執筆スタイルというか時間の使い方的なものを今回は語ろうと思います。

なんでこんな話題を選んだのかというと、時折こんな会話がネット界隈で流れているのを見たからです。
「就職したら執筆時間が無いから学生の内にでぶーしなきゃ!」「ワイもワイもでぶーしたい!」
「仕事してたら執筆なんて無理だよ!」「ワイもワイもそう思うで!」
「小説家になるなら仕事辞めて専念しろや!」「ワイもワイも辞める!」
(合いの手が似非関西弁なのはご愛嬌です)

さて、これは本当でしょうか? 個人的にはそんなことないだろう、と思っています。

もちろん、十把一絡げに「社会人」と括ってしまうと「俺はブラック企業務めで本当に時間が無いんだ!」という方もいらっしゃるかもしれないですし、
「休日は家族サービスが忙しくて無理なんだ!」というような方もいらっしゃるかもしれません。ケースバイケースなことは重々承知です。

学生ででぶーを目指している方にとっては社会人になった後の生活スタイルというものが想像しづらく不安を抱える気持ちもわかります。
なので、「必ずしも無理じゃなくて、時間の使い方で執筆は可能な人もいるんだよ」とほんのり柔らかく伝えればな、と思います。

以下、焼き鳥さんの簡単な日々スケジュール

7:30~ 起床〜ご飯〜出勤
9:00~ 仕事開始
~20:00 お仕事終わり
~22:00 帰宅、夕ご飯作成&食事タイム&休憩
24:30 就寝

繁忙期など差はありますが、だいたいがこんな感じです。
これを見て分かるように、22時〜寝るまでの間の2時間ほどは自由な時間です。

平日は確かに休日と比べると短いかもしれませんが、集中して「2時間しかないぞ!」と自分を追い込むことでバリバリと書けます。
社会人の癖か、余りに時間があり過ぎると余裕が出てしまってのんびりとする可能性もあるので、時間が区切られていると効率が良い気がします。

ちょっとずつでも、こうして平日の時間を捻出し、後は休日に一気にブーストをかけるというのが僕の執筆時間になります。
さぼる日も大いにありますし、プロットが出来ないからと遊びほうけたりもしますが(だって遊びたいんだもん!)、そんなぐぅたらペースでも年間3本くらいの新作長編は出来上がるので、いちアマチュア投稿者としては、まあ十分なのではないかなーと思っています。

そんなこんなで今年も電撃さんの締め切りの足音が近づいてきたのでそろそろブーストをかけようと思います!
ではでは。
| Comment(0) | 執筆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月24日

新作を書く!

こんにちは、僕です。
全裸待機が辛くてしんどいです。でんわは……電話はまだかっ!はやく服を着させて!(錯乱)
というわけで電話はならないのでだいぶ諦めモードの僕です。

ここで更新していないと「あいつ電話がきやがったな!」と邪推され、あとで「なんだよ、結局電話なかったのかよ、思わせぶりな態度とりやがって!」と何故かいわれのないことでダメージを受けそうなので更新をしておきます。

まだ最終的な結果は出ておりませんが、四次選考まで進むことが出来ました。
受賞したい!と思ってから四年、色々試行錯誤を繰り返してきましたが、その中で効果的だったかな、と思うことについてちょっとまとめてみようと思います。
いくつかはありますが、今日はその内の1つを。

「過去作の改稿はしない、常に新作を書く!」

これが受賞したい!と思ってから取り組んできたことです。

最初の3年ほどは、実のところ「選評さえもらえればいいやー」という軽い考えで、その前の年の応募作を締切一カ月前になって書き直す、ということばかりしていました。
確かに選評で指摘されたところを直して作品を作り直すことは大事な作業です。
でも、それだけをしていては筆力や構成力といったものが向上しないなーと自分で実感していました。

なので、この「改稿はしない、常に新作を書く!」です。

単純なことですが、新作を書くにあたってはプロットを組んで、構成を考え、人物像を練り上げと多くの作業が必要になります。
僕は一年に2-3作品は最低仕上げるという目標を4年前に組んで、そこからそれに従って毎年新作を仕上げています。(すくねーぞ、ばかやろーという声が飛んできそうですが……)

もちろんそれが必ずしも良いことではなくて、昨年は久々に二次で全滅するという目も当てられない結果になったわけですが、新作を書いていると自分がどこの分野が弱くて、伸ばしていくべきところがどこなのかというのも見えやすくなってきます。

いつも新作を書くときは、「なるべく今まで挑戦したことのないジャンル、物語を書こう」としているので、昨年のようにそれがとんでもない方向へいってしまい自滅することもあります。が、まあそこはご愛嬌で、色々なジャンルを書くことで物語の広げ方やキャラの動かし方のバリエーションも増えていきますし、こういう経験値の積み重ねがもしかすると今年ステップアップできる原動力になっていたのかもしれません。

と締めくくるとなんだか死んでしまうような感じですが、安心してください履いています生きています。
今年は駄目だったかもしれませんが、また来年に向けて新作を書き始めてはいるので、亀の歩みの如きノロさですが前に向かって進んでいこうと思います。
ではでは。
| Comment(0) | 執筆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。