はじめに(おことわり)

このページは物書き志望の人間が書き連ねるグダグダとした戯言が載っている無益なページです。

なので、タイトルにつられてやってきてしまった以下のような方にはお詫び申し上げます。

・おいしい焼き鳥店を探している美食家(グルメ)な方々
・今晩のおかずにおいしい焼き鳥の作り方を探している主婦/主夫の方々
・無用な争いを好み、SNS等での飯テロ用の食欲そそる焼き鳥画像をお探しの方々
・一に焼き鳥、二に焼き鳥、三四が無くて、五に焼き鳥な、焼き鳥マニアの方々

2015年04月15日

ネギドレッシング

こんばんは、僕です。

さて、今日は久々に料理の話題です。といっても料理自体ではなく、ソースについて。

焼き鳥さんの作る料理はシンプルなものが多いのと、自分でだいたい賄うものばかりなので、あまり市販のドレッシングとかを使うことはありません。ホワイトソースとか、自分でこねこねするのが基本だったりするので、スーパーで売っているのを見ると「なぜみんな自分で作らないんだろう?」とクエスチョンマークを浮かべ、「はてさて」と呟いたりしちゃいます。

それでもサラダのドレッシングくらいは買ったりすることもあります。胡麻ドレッシングとかは買った方が美味しいし、楽ですもんね。

そんな焼き鳥さんとは対照的に、実家の母鳥はかなりそういうドレッシングとかに目がなく、テレビなんぞで新商品を紹介したりしていると「あんた今度実家に来るときに、デパートでこれを買っていらっしゃいな!」と高飛車に指令を出してきます。

そのお使いの中で、自分でも「お。これはおいしそうだな」と思い購入したものがあるのですが、それがこちらです。

あさくら農園の葱ドレッシング
http://www.asakurafarm.co.jp/

写真(11).JPG

完全手作りの葱ソース。これがうまいんです。これ一本でイタリアンとウェブには書いてありますが、まさにそんな感じ。トマトとかにドレッシングとしてかけても美味しいですし、お肉や野菜炒めの決めてにもなる優れもの。子供でも好む味付けなので、思わず食べ終えてさらに残ったソースを舌でべろんべろんべろろんろん、と舐めずさること間違いなしです(なんて下劣な!)

偶にはこういう普段手を出さないものに挑戦するというのもいいですよね。昨日のご飯で、鳥胸肉(共食い!)とナスの炒め物をつくってかけて食べたら「んまー」だったので、ちょっと紹介してみました。

ではでは。
| Comment(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月29日

デビュー

こんばんわ。焼き鳥です。
そんなわけで、以前の記事で取り上げたクックパッドのレシピ本が本日発売になり、当日にきちんと手元へと送られてきました。

さすがだよ、クックパッドさん!

image.jpg

焼き鳥さんのレシピは、5分で作れる小さな野菜おかずというところにちょろっと載っているだけでしたが、それでもこうして本になるというのは嬉しいですね。

是非ともこの喜びを、本来目指すべき小説の世界で成し遂げたいものです。ではでは。




| 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月14日

料理について

はろー、焼き鳥です。
今日は創作からちょっと離れた料理の話題です。

そう、このブログの賢明な読者の方であれば気づいたはず。
何故かこのブログの記事カテゴリーに「料理」の欄があることを!

気づかなかった賢明ではない読者の方には、今後缶のコーンポタージュを飲んだ時に
いつまで経っても最後の粒粒コーンが出てこない「もどかしぬ」呪いをかけておきます。

料理と聞いて「いよいよ焼き鳥のおいしい焼き方かっ(ガタっ)」と勇んだ方は
勇み足なので、まずは深呼吸をして、目を閉じて、ベッドに横になって暫く落ち着いてください。
ほら、もうすっかり何を勇んだのか忘れています。

というわけで前置きが長くなりましたが、今回は料理についてです。
焼き鳥さんは、ぢつは自炊をしているので日々料理をしております。
友人たちからは「うちにも作りに来て!」「一家に一匹欲しい!」「いいお嫁さんになれるよ!」「焼き鳥さんのご飯が食べたい!」と引く手数あまたです。
(一部おかしな言動が混じっていますが気にしません)

まあ、実際のところは大したものを作っている訳ではないので下手の横好き程度ではありますが、
料理が楽しいところは、小説とも関連があると思っています。

それは「想像力」です。

スーパーで食材を見たり、冷蔵庫に余っているものとか、新しい調味料を味わった時に
「ああ、これはどうしたら美味しくなるだろう」と想像力を働かせるところは執筆に似ている気がします。
どうすれば素材(ネタ)をもっと面白くできるだろう!みたいな。

色んな食材を組み合わせ見たり、新しい調味料で味付けしてみたり、
料理の世界もその1つ1つの手間暇次第でまるで違うものになりますよね。
その苦労をかけて、美味しい食事ができた時の感動は格別です。

まぁ、偶に味付けに失敗して素材を殺してしまう惨劇もあったりするのですが、それはご愛嬌。

そんなわけで、執筆も想像力をありったけにフル回転させ、
手間暇をかけて少しでも面白くしていけるように頑張りたいものです。
| 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする